Freelance Pluse

メニューを開く
  1. 福岡のフリーランス向け求人・案件TOP
  2. フリプラLab一覧
  3. エンジニアのための独立のキホンを、わかりやすく解説!
登録なしで!わがままLINE相談 ご登録はたった10秒!無料登録

エンジニアのための独立のキホンを、わかりやすく解説!

将来独立を考えているエンジニアの方も、現在会社員の場合、フリーランスって実際どうなの?ちゃんと仕事は見つかるの?確定申告や税金関係のことがわからない‥‥、と言ったような、わからない事が多いのではないでしょうか。 そこで今回は、将来的にフリーランスとして独立することも選択肢にしたい方や、具体的に現在独立を考えている方に向けてフリーランスとして働くことのメリットやデメリット、フリーランスとして働くことの特徴について説明します。

会社員との違い

まずは、会社員とフリーランスで大きく異なる点をご紹介します。

事務作業


フリーランスになった際に大変なことの1つとして事務作業が挙げられます。
フリーランスエンジニアの方で常駐型の案件に携わっている場合、平日の勤務時間はクライアント先に常駐する形になるので、それ以外の時間を効率よく使いながら事務作業をこなしていかなければなりません。
ここでは、フリーランスになった際に発生する具体的な事務作業について説明していきます。


スケジュール管理


携わる案件が常駐型の案件が多く、クライアント先に常駐している場合はあまり気にならないかもしれません。
しかし、複数のクライアント先と契約をしたり、常駐型案件と請負型案件を掛け持ちするとスケジュールやタスク管理が煩雑になる場合が多いです。
さらに、業務スケジュールの他にも、確定申告や請求支払いなど、支出に関わるスケジュール管理も発生します。
教務が多忙で税金の支払いやクライアントなどの取引先への支払いを忘れると言うのは最悪な事態です。
そうならないためにも注意が必要です。自分自身でスケジュール管理をすることに自信がない人はスケジュール管理ツールを使いましょう。


経理処理


フリーランスになった場合、クライアントに対する毎月の請求作業や、支払い作業も全て自分で行わなければいけません。
請求書の発行作業の他にも、入金確認や見積書の発行、納品書の発行等、場合によってこういった作業も必要になります。

また、かかった経費の集計や処理作業も発生します。
ここについては自分でも作業が不安な場合、税理士さんにお願いすることもできます。
自分で作業する場合は「freee(フリー)」、「MFクラウド」「やよいの青色申告」など、各種会計ソフトを使うと便利です。
会計業務な書類も揃っており、確定申告の帳票とも紐付けができるためとても便利です。
警備員の仕方がわからない方でも入力できるように作られたサービスですのでお忙しいフランスの方ほどお勧めです。


契約関連


契約関連はスケジュール考えように定期的に発生するものではありませんが、自分で対応しなければならない業務の1つです。
契約内容の確認や修正だけでなく、捺印や提出、保管までの業務を対応する必要があります。
契約内容に不安がある場合は、弁護士に相談するようにしましょう。また、自治体によってはビジネスサポート窓口を設けている場合もあり、無料で対応してもらえます。有効活用していきましょう。


確定申告


フリーランスが事務所をする上で最も気になるのが確定申告です。
確定申告とは法人の決算にあたる作業です。
フリーランスの場合は事業年度は一律で定められています。1月1日?12月31日が事業年度となります。
確定申告の期間は2月中旬?3月中旬ごろと定められています。
イメージ通り大変な作業になりますが、会計ソフトを利用することで作業の多くを削減することができるようになります。
経理処理も毎月会計ソフトを使って行っていれば抜け漏れが発生しなく安心できます。
またフリーランス向けの案件紹介のエージェントでは、フリーランスエンジニアの方々へ、税理士の紹介や確定申告その他節税に関するセミナーの開催なども行っています。



フリーランスのメリット


フリーランスになると起きる変化についてここまで紹介してきましたが、フリーランスは大きなメリットもあります。
ここからはフリーランスのメリットについて説明します。


〇仕事を自分で選ぶことができる
フリーランスエンジニアであれば、得意な言語や伸ばしたいスキル技術、その案件のクライアントや仕事内容まで、全てにおいて仕事を受けるか受けないかを自分で選ぶことができます。
もちろん報酬についても双方合意の上にはなりますが、自分で設定することができます

会社に所属しながら正社員として働いていた場合、会社から与えられた仕事は速やかに遂行しなければなりません。しかし、個人事業主の場合は案件の内容についても自分で選ぶことができます。

仕事の範囲に関してもクライアント先との契約によって決めることができます。
会社員でエンジニアとして働く場合、なし崩し的にメインの業務範囲以外の仕事があれもこれもと増えると言う事態がよくあります。
フリーランスエンジニアになると契約している業務以外に携わることができなくなります。また、万が一依頼をされたとしても断る事はできます。


〇希望の働き方を叶えられる
会社に所属し正社員として働く場合、勤務時間や出勤日数など、就業規則で定められた範囲内で働くことが一般的です。フリーランスの場合、案件ごとに個別に契約を結ぶため働き方についても自由に決めることができます。
在宅案件やリモート開発の案件、6案件の場合でも数ヶ月勤務をした後、作業の進捗次第で在宅に移行できる場合もあります。また、残業が全く発生しないと言う案件を見つけることもできます。
家庭の都合や自分を今後もなりたいキャリアと照らし合わせながら、働き方を自分で自由に決めていくことができるというのはフリーランスの大きなメリットと言えるでしょう


〇社内行事や組織内の作業がなくなる
会社に所属し正社員として働く場合、社内行事への参加が義務付けられているケースがほとんどです。また、稟議書類の提出や評価面談など、組織内で必要な作業が発生するため稼働時間を奪われてしまいます。

フリーランスの場合、行者稟議はありません。
受注案件の場合にはその行事に誘われることもあるかもしれませんが、契約範囲外であれば参加せずに断ることも可能です。

作業の進捗状況を確認するために面談が行われる場合もありますが、こちらに関しても任意です。
全社員ように評価シートを記入して面談をすると言うような形でもないので、その分自分の案件に集中して時間を割くことができます。


〇開業の手続きが簡単ですぐに始められる
フリーランスの場合、事業を始めるに当たってんの手続きはとても簡単です。
フリーランスの事業立ち上げ手続きは、税務署に開業届を提出するだけですみます。その際、印紙などは必要ありません。
事業を開始してから1ヵ月以内に提出することになっていますが、提出をもし忘れてしまっても事業所得を確定申告することでフリーランスと判断されます。
屋号の変更なども届を提出する必要は特にありません。
フリーランスが事業開始の届出を必要とするのは、事業を始めた時と廃業した時、そして事務所を新設した時、増設や自殺をした時のみです。

前述した通り、フリーランスに転向する1番のメリットは正社員と比べたときに自分の力次第で希望の働き方や収入アップを叶えられることです。


フリーランスのデメリット


ここまでフリーランスに転向するメリットをお伝えしてきました。しかし、フリーランスになることのデメリットもあります。ここからはフリーランスへ転向した際のデメリットについて説明します。


〇メイン業務以外の事務作業が多い
先述した通り、すべての作業を自分自身で行わなければいけないのがフリーランスと言う働き方です。そのため、多くの事務作業も自分自身で行わなければなりません。
事務作業の負担軽減については、経理処理の際に会計ソフトを使うなどフリーランスや企業法サポートするサービスやツールが増えています。
こういったものも上手に活用することで作業工数を減らすことができます。


〇社会保険や年金を始めとした保障制度が手薄
フリーランスは基本的に国民健康保険と国民年金に加入します。これらは会社に所属するときに受けられる厚生年金や健康保険と比較すると補償内容が手薄です。老後の年金額が少なかったり、見舞金などの制度がなかったりします。また、フリーランスに転向した場合雇用保険の加入ができません。そのため、何かあったときの保証は自分で準備する必要があります。また、会社に所属していた時に設けられていた各種福利厚生が受けられなくなると言う点もデメリットとして挙げられます。健康診断等、各種福利厚生がフリーランスの場合、制度としてありません。会社に所属していたり法人であれば、企業の制度として取り入れられているものでも、フリーランスには制度として存在するわけでもなく、経費として認められない場合がほとんどです。


〇一定収入を超えると税制面で不利になる
フリーランスの場合、一定以上の収入を得ると法人よりも税率が高くなる場合があります。
また、所得控除の率も法人に比べ不利になります。企業に所属する会社員の給与に対して認められている給与所得控除は上限があります。しかし収入に対して段階的に割合で決められています。それに対してフリーランスの場合は青色申告で確定申告をしても1日650,000円の控除額です。一定以上の収入を超えてくる場合は法人化することも検討してみましょう。


〇相談相手が身近にない
フリーランスになると同僚や同期といった存在がありません。常駐型の案件をしている場合でも、職場の人たちはあくまでクライアント先です。困った時や迷ったときの相談相手は自分自身で意図的に作るようにしないといけません。フリーランスの集まりやエンジニアの勉強会で同じ境遇の仲間を見つけたり、SNSのこみにティーに参加をするなど、同業者とのつながりを持つことで相談相手を見つけていきましょう。エージェントに相談に乗ってもらうこともオススメです。


ここまでデメリットについて説明してきましたが、税金以外のデメリットについてはエージェントを活用することで解消できるものも多くあります。フリーランスエンジニアの場合、専門のエージェント企業が複数あり、エージェントによって独自に福利厚生や保証などのサービスに加入できるケースも多くあります。賠償責任補償や施設利用割引等の福利厚生、所得補償制度がついたフリーランス協会への加入もサポートしてもらうことができます。フリーランス協会の年会費についてもエージェントが負担してくれるケースもあるのでぜひ活用していきましょう。

フリーランスの仕事の探し方と種類

フリーランスとして活動するようになるとどのように仕事をすることになるのでしょうか。案件の受け方と関係の流れ、案件の探し方についてここから説明していきます。

案件の受け方は請負契約か準委任契約


フリーランスエンジニアの案件の受け方として契約形態が2パターンあります。
1つ目は請負契約と言うもので、帰宅した案件を完成させて納品することで報酬を得る契約形態です。請負契約の場合、勤務時間や勤務場所については自由な場合が多いです。

もう一つは準委任契約と呼ばれるものです。エンジニアとして企業に常駐しながらプロジェクトを進行していきます。開発にかかった時間に対して報酬を得る契約形態で、納品や関西の義務はありません。しかし、準委任契約の場合、勤務時間を指定されることが多く勤務場所についてもクライアント先のオフィスに常駐することがほとんどです。中にはフレックスタイム制や在宅勤務を許可している場合もあります。

フリーランスエンジニアの場合はどちらの働き方も可能です。後述する仕事の探し方でも詳しく説明しますが競合契約の場合、人脈やクラウドソーシングなどを通じて仕事を探していくのが一般的です。
納品をしたらその仕事は終了となるため、継続的な収入を得られるように案件を探し続ける必要があります。

一方で準委任契約のようにクライアント先に常駐することの多い働き方は、安定して一定以上の収入をやすい傾向にあります。直接プロジェクトに参画するため、多くの場合そのプロジェクトの継続期間中は仕事が継続したり、契約期間が終了した後も隣の部署で行っている他のサービスのプロジェクトに移ると言うようなケースもあります。それぞれの違いについてはこの後も在宅と常駐の違いとしてお知らせしていきます。

フリーランスエンジニアの仕事の流れ


ここからはフリーランスエンジニアの主な仕事の流れについて説明していきます。
フリーランスの場合案件を探すことから始まり契約満了を持って案件が完了となり終了します。その流れを繰り返していくのです。

請負契約の場合でも準委任契約の場合でも作業の流れ自体に差はありません。案件の期間が2つの契約形態の違いになります。請負契約の場合は契約期間が比較的短く、準委任契約の場合は契約期間が比較的長い傾向にあります。請負契約の場合契約締結時に取り決めた案件の納品を持って契約終了となりますが準委任契約の場合以前に取り決めた契約期間で終了となります。準委任契約の場合には契約が自動更新され、終了する際には1ヵ月から1ヵ月半位おめ休み契約終了告知されるケース多いです。
安定した収入を得るためには本件が終了する前に次の案件探しを始め空白の期間を作らないということが大切になってきます。

会社に所属して正社員として勤務する場合、目標設定や評価面談といった人事制度を通じて会社から評価されます。フリーランスの場合には評価制度はありません。所属を示すための名刺や人事制度に代わるものが職務経歴書となります。職務経歴書はスキルシートとも呼ばれています。自分のスキルやこれまでのキャリアはもちろん、仕事観や仕事に対する姿勢なども記載するようにしましょう。フリーランスへの天候を考えたらまず1番最初にこの職務経歴書を準備しましょう。内容は常に最新の状態を記載しておくことが大切です。

フリーランスエンジニアの仕事の探し方


フリーランスエンジニアの仕事の探し方として、知人や友人などの人脈会社に所属していたときの取引先、ウェブやSNSを使った自分自身の宣伝活動といったものから、エージェントサービスやクラウドソーシングといったサービスを活用する方法まで様々になります。

フリーランスエンジニアの仕事の探し方で1番多いのは人脈、次に現在や過去の取引先となっており、この2つが全体の7割程度となっています。

フリーランスエンジニアの場合も、同じようにどの方法でも仕事を探すことが可能です。他の職種に比べ専門のエージェントサービスが多いので案件探しの選択肢が豊富です。


心理的ハードルが低い人脈


フリーランスエンジニアの仕事の探し方で最も多いのが人脈です。フリーランスエンジニアでも人脈を使った案件獲得をしている方も多数いらっしゃいます。人脈を使う場合多くは自分の仕事を知っている知人や友人からの紹介です。エージェントサービスのようにレジメやスキルシートを提出し選考、面談といった流れにはならず紹介していただいた方とともにまずはクライアントに会って話をしてみると言う場合もあります。面談のように形式ばった形ではないため打ち解けやすいと言えるのかもしれません。実際に会ってみて意気投合しそのまま案件獲得と言うようなこともあります。

一方でクライアントとの交渉がしづらいと言う面もあります。例えば補修についてです。お友達価格で案件を引き受けてしまったり、ついでと言うような形で契約外のサポートを提供することが起こりえます。意気投合した後に条件が合わないと言う事は言いづらいと感じる方が多いです。案件獲得後に後悔しないためにも知り合いであったり知り合いの紹介であったとしても事前に就労条件は双方で合意を取るようにしましょう。


会社員時代の取引先はミスマッチが少ない


フリーランスに転校しても独立前の職場やクライアント先から案件を頂く場合が多くあります。これまでに一緒に仕事をしたことがある相手との取引ですので、人柄やスキルを理解してもらえているケースが多く、ミスマッチが少なく双方安心しながら業務に臨むことができると言うメリットがあります。
お互いのことを相互理解していて1から説明しなくて良いと言うことも多いです。
「言わなくても分かってもらえる」と言う信頼関係が既にできているというのが1番の大きなメリットと言えるでしょう。しかし、人脈の場合と同様に交渉がしづらいかったり現在のスキルを評価されているためキャリアアップにはつながりにくい傾向にあります。


すきま時間で稼働するための案件を探すならクラウドソーシングがオススメ


フリーランスとして受注案件に携わりながら空いた時間で別の案件を進めたり、常駐案件の間の期間に稼働する案件を探すような場合にクラウドソーシングを活用すると便利です。

クラウドソーシングでは、個人で作業できる単位の案件を多く受注できます。そのため限定的なことを前提とした案件の獲得がほとんどです。
フリーランスエンジニアでは、ワードプレスの構築や意向、データベース設計やアプリ開発等の案件が多くあります。クラウドソーシングの場合単価が1歩設定されていることが多いです。また、競合が多く複数のフリーランスエンジニアや企業が競争して単価が低くなる懸念もあります。

このように、フリーランスエンジニアにはそれぞれ特徴があります。平田先生として安定的に案件を獲得していくためには、方法どれか1つに限定するのではなく、どのような方法でも選択肢にできるよう継続的に大丈夫との関係を築いておくことが大切です。

クライアントとの関係構築がきれいになる場合は、エージェントに希望する案件の条件や現在の自分の状況を伝えて任せると言う選択肢もあります。専門家に相談することで収入面やキャリアの面でも安定的に成長していくことができます。

フリーランスエンジニアの場合、自分の目的や希望に近い案件を見つけるのが1番です。




企業のエンジニアがフリーランスとして独立するタイミング


とりあえず以上と言う働き方に興味があっても、人によってはなかなか踏み切れないと言う場合もあります。
フリーランスとして独立し、フリーランスエンジニアになった先輩方はどのような独立までの手順を踏んだのかや、どのように独立を決意したのか。ここからはフリーランスとして独立するまでの流れを説明します。


〇フリーランスになった理由は、自己裁量と自由
フリーランスとして活躍している諸先輩方はなぜ正社員としての働き方からフリーランス回も転向したのでしょうか?
これは働く時間や場所を自由にするためと言った理由や、自分の裁量で仕事がしたいと言った理由が大半を占めています。
収入を上げるためと言う理由ももちろんありますが、自分の能力やスキルを活かしながら自由な働き方を確保するためにフリーランスを選ぶと言う方が多くいるのが現状です。

エンジニア職の場合はフリーランスになったとしても案件によって完全に自由な働き方を実現するのは難しい可能性もあります。
クライアント先にはセキュリティー面を懸念する企業も多く、働く場所を自由に選択すると言う働き方ができる案件は多くありません。ほとんどの案件がクライアント先に常駐するような形になります。
常駐型の案件でもクライアントとエンジニア間の契約内容によって、働く時間や働く場所無理のないように決めることも可能です。そのため、正社員のようにフルタイム稼働ではない働き方も案件によっては実現できます。


〇現職のキリの良いタイミング
転職と同様に現職の区切りの良いタイミングでのフリーランスへの転向をお勧めします。
周囲への配慮や、今後のキャリアにおいても中途半端な状態で独立する事はマイナスに働きかねません。
フリーランスエンジニアにとって案件獲得をする上で人脈をとても重要になります。独立の際に同僚や会社、クライアント先に迷惑をかけて自分の評価を下げる事は避けましょう。

独立すると企業内での経験やスキルシートを記載することになります。自分がどのような立ち位置でどこまで案件に関わったということも記載するため、中途半端な状態で退職するとスキルとして記載できる内容が減ってしまいます。
フリーランスエンジニアは1人で仕事ができることを前提とされます。自分自身で「ここまではできる」と言えるスキルを身に付けたタイミングであることも重要です。


〇独立後の案件獲得の目処がたったら
フリーランスへの転向を考えた際に1番不安なのは収入の面です。会社員として企業に所属している間にフリーランス転向後の収入のめどを起たせることができればその不安感は減らすことができます。
会社員として企業に所属している間に案件探しを始めておくことが重要です。
フリーランスエンジニア専門のエージェントが多数ありますので、登録をして案件獲得の相談をしたり、知り合いにフリーランスエンジニアとして独立している人がいればその方に相談をしたりと言う方法でどのような案件が世の中にあるのか事前にリサーチを進めておきましょう。

事前のリサーチを進めることで、自分の現在のスキルや経験でどれくらいの単価になるのかと言う自分自身の市場価値を知ることができます。また、独立に関わる手続きなどもアドバイスをもらうことができるかもしれません。

会社員時代に培った人脈を使い、これまでのクライアント先に営業を進めておいたり、登録したエージェントサービスから一切の案件を紹介してもらうことで収入のめどがある程度たつようになります。
ここまで進めておくと独立へのステップも進みやすくなるでしょう。


〇独立後の仕事のメドを立たせるには
会社員として企業に所属している間に独立後の案件のめどを立たせるには、自分から独立に向けて動いていくことが大切です。
ここからは独立に向けた具体的な行動を紹介します。


〇フリーランスエンジニア専門のエージェントに登録しておく
まず最初に独立をする前に専門のエージェントに独立に関する相談をする方法です。エージェントサービスは独立する前でも登録をすることで独立後のキャリア相談を受けることができます。
具体的な特別の時期が決まっていれば実際の案件紹介を受けることもできますし、時期が決まっていなくても単価の目安や市場に出ている案件の傾向、特別に関する情報提供を受けることが可能です。
独立することで叶えたい働き方や収入の希望が市場価値と掛け合わせた時に現実的なのかどうかを判断してもらうことができます。こういった相談をする上で多くのフリーランスエンジニアの案件を扱っているエージェントサービスは適任と言えるでしょう。


〇これまでの人脈から仕事のあてを作っておく
2つ目はこれまでの自分の人脈を活用する方法です。
会社員を退職する前に現職の勤務中に堂々と営業活動するのは難しいかもしれませんが信頼できる同僚に相談する方法もあります。今はどの企業でもエンジニアが不足しています。独立を考えている旨を相談しておくとエンジニア募集している企業を紹介してもらえたり、必要なポジションが空いたときに連絡をもらえると言うこともあります。
フリーランスの案件獲得の方法としてこれまでの人脈を生かした案件の獲得が最も多い方法です。
これまでの人脈を見直すことで、相談できそうな相手と早めに連絡を取っておくなど、準備を進めることができます。
こうした準備を進めておくだけでも独立後に思わぬところで助けてもらえることもあります。


〇まずは副業として稼働してみる
見つめは独立をする前に空いている時間として副業として稼働する方法です。働き方改革の影響で副業解禁する企業も増えており、社内の就業規則に則って副業ができるのであれば試しておくことをお勧めします。
1勤務終了後や週末を生かして自分の会社以外の案件に携わることで、独立した後のイメージを持ちやすくなります。収入面はもちろん、スケジュール管理やタスク管理、経理処理などフリーランスとして働く上で役立つ経験ができるので、独立後も焦らずに済みます。

エンジニアの方々は忙しいので副業に充てる時間を確保することから始めなくてはなりませんが、独立後は仕事以外の事務作業が必ず発生します。その時を見据えて、練習の意味でも副業として活動してみましょう。

エンジニアは独立後も案件を見つけやすい

フリーランスとしていつかは独立したいと思っていても実際はなかなか行動にうつせない方が多くいるのも事実です。
独立と言うと正社員としては安定収入をして自分のキャリアを武器に案件を獲得しながら稼いでいくイメージかもしれません。しかしフリーランスエンジニアに関してはすでに働き方として浸透しており、専門のエージェントサービスは何社もあったり、クライアント側もフリーランスエンジニアをアサインすることに抵抗がないと言う企業も増えてきています。セキュリティーの面やコミニケーションを考慮し、常駐型の案件も多く、フリーランスエンジニアになっても働く場所や時間を製剤の時とあまり変えないと言うこともできます。
このようにエンジニア職は他の職種に比べフリーランスとしても働きやすいと言えるでしょう。

まずは独立に向けて準備をする時間をしっかりと確保しいろいろな人に相談をしたり、副業と言う形で現職以外の案件に携わってみると経済的にも心理的にも独立の目処を持たせることができます。

フリーランスとして独立した後の仕事の事や収入の面、独立後のキャリアについてなど専門エージェントに相談してみると良いでしょう。
自分の持っているスキル技術でフリーランスとして通用するのか、今よりも年収を上げることが可能なのかなど、どこにするかどうかの判断基準も得ることができます。

エージェントサービスがたくさんあるのでその中でも自分に合ったエージェントを見つけましょう。
サービスや運営会社の規模の大きさよりは、担当してくれる担当者との相性や雰囲気が大切です。

イベント情報

受付終了

Coming Soon [近日公開]

開催日
2020.01.01 (Wed)
開催時間
-
開催場所
-
参加費
-

イベント情報一覧を見る

Freelance Plusで
今よりPlusな生活をする。

まずは無料登録
ご登録はたった10